審美セラミック治療

昨今、歯科医療にも審美性を求められるようになって参りました。それだけ美意識の高い患者様が増えてきたのでしょう。若い女性だけでなく、全体的に「美しく健康的な口元」を求められているようです。

以前は「詰め物」と言ったら一般的には「銀歯」が一辺倒でした。「クラウン」も「差し歯」として認識され、金属材質が主流でした。

しかし昨今、歯科修復剤の材質は大きな変遷を遂げています。金属だけでなくセラミックやジルコニアなど、より見た目を意識した材質が登場しました。

インレー

セラミックインレー

「インレー」をご存知ですか?聞き慣れない用語かもしれません。「インレー」は歯科治療において、虫歯を取り除いたあとに出来た空洞部分に嵌め込む詰め物の総称です。

例えば奥歯が虫歯になってしまった場合、その部分を削り、銀歯を詰めたり被せたりという治療が一般的でした。

しかし、いくら奥歯とは言え、大きく口を開けた際に銀歯がよく見えてしまうことを懸念さる方が増えてきています。現在は奥歯の詰め物を「セラミックインレー」「ジルコニアインレー」など、より自然な仕上がりにする歯科修復剤に選択可能です。

セラミックインレー

セラミックインレーは仕上がりがとても綺麗です。透明感も秀逸で、金属アレルギーの心配もありません。しかし、若干割れやすいという欠点があります。

ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

ジルコニアは強く、生体親和性も高いです。耐久性、耐熱性にも優れ、今注目の歯科修復材です。仕上がりも文句ナシの美しさと言えるでしょう。

強度や耐変色性のことを考慮して、当院はジルコニアインレーを採用しております。2010年からジルコニアインレーを導入し、多数の実績があります。

クラウン

オールセラミッククラウン

「クラウン」とは、歯が虫歯など何らかの原因で大きく崩壊した際に使われる修復材です。

以前は金属が一般的でしたが、こちらもインレーと同様、機能は勿論のこと、見た目の美しさをより重視する風潮になって参りました。

前歯のオールセラミッククラウン

前歯ジルコニアオールセラミッククラウン

「ジルコニアクラウン(焼付け)」と「フルジルコニア(ステイン法)」があります。

「ジルコニアクラウン(焼付け)」は、ジルコニア素材のキャップにセラミックを焼き付けたものです。周囲の健康な歯と自然に馴染むように調整します。

「フルジルコニア(ステイン法)」は素材すべてがジルコニアです。審美性ではジルコニアクラウンには多少劣るものの、より自然な歯を追求する方にはオススメの素材です。

※当院ではメタルボンドクラウンは採用しておりません。

奥歯のオールセラミッククラウン

奥歯ジルコニアオールセラミッククラウン

「フルジルコニア(ステイン法)」を採用しております。

素材すべてがジルコニアなので、耐久性、耐熱性に優れ、奥歯に最適な素材と言えるでしょう。

当院ではメタルフリーを目指しています

メタルフリー

当院では金属アレルギーの方にも安心して治療して頂けるよう、メタルフリーを目指しています。金属は丈夫で安価というメリットがあります。

しかし、金属アレルギーの方には使えません。審美的にも金属は控えたいとおっしゃる方も増えてきています。当院では非金属の材料を取り揃えて参ります。

042-366-6480

[ 診療時間 ] 9:30-13時 / 14-20時(水18時/土17時まで)
[ 休診日 ] 日曜・祝祭日

診療時間水曜午後は18時まで土曜午後は17時まで

〒183-0023 東京都府中市宮町1-11-13
六社堂ビル2F

京王線本線 府中駅 南口
徒歩 1